岐阜県内21町村の元気をお届します。 岐阜県町村会

文字サイズ
標準に戻す
大きく

政務情報

町イチ!村イチ!2015

2015年10月02日

平成27年9月22日(火)~23日(水)

 全国町村会は、平成27年9月22日(火)~23日(水)、東京:東京国際フォーラムにおいて、町イチ!村イチ!2015を開催しました。

 このイベントは、「町村から日本を元気にする」をテーマに、全国の町村の特産品の展示販売、ご当地グルメの販売、ご当地キャラや郷土芸能のステージ、町村への移住・定住を考える方への相談会等が行われ、全国から323町村が参加し、2日間で約52,000人が来場しました。

 岐阜県からは、神戸町及び御嵩町が参加し、特産品の販売やご当地キャラのステージ等を行いました。

町イチ村イチ2015(1)

町イチ村イチ2015(2)

知事と町村長との意見交換会

2015年06月23日

平成27年6月11日(木)

 岐阜県町村会は、平成27年6月11日(木)、七宗町神渕公民館において、知事と町村長との意見交換会を開催しました。

 古田知事から、「現在行われている花フェスタに様々なかたちで市町村に協力していただいており、非常に感謝している。10月に行われる全国育樹祭についても、各市町村に協力いただきながら岐阜県の魅力アップにつなげていきたい。」等のあいさつがありました。

 町村長からは「若い世代の人口流出を防ぐためにも、働く場所の提供が必要になってくるが、企業を誘致したくても活用できる土地が農振地域のみになってきている。県においても企業誘致がスムーズにできるよう協力をお願いしたい。」、「障がいがある児童が増えてきているが、町単独で支援員を配置することで対応しており、これ以上教員を削減することは難しいので、国に対し働きかけてもらいたい。また、地元の学校に通うのがよいのか、特別支援学校に通うのがよいのか、教育委員会でその役割分担について議論いただきたい。」「森林の将来を考える中で、公共施設の木造化等についても考えていただきたい。」といった意見が出され、それに対し古田知事から「人口減少が具体的になってきた現状であるが、すべての市町村が一定レベルで長期的な行政政策をやっていくことは困難である。市町村、県が連携してお互い補完しながらから、地方創生に取り組んでいく必要がある。」、「県としては、受け皿として特別支援学校の整備は進んでいると考える。現状については調査していきたい。」、「県としても木を植え、育て、使うというスタンスで取り組んでいる。育樹祭を契機として、さらに県産材のPRを続けていきたい。」といった回答がありました。

 また、県幹部の紹介のほか、宗宮清流の国推進部長から、「清流の国ぎふ創生(本県の地方創生)」及び「清流の国ぎふ2020プロジェクトのスポーツの振興」について、市川観光国際局長から、「清流の国ぎふ2020プロジェクトの観光誘客の促進」について説明がありました。

H27 知事との意見交換会1

H27知事との意見交換会2

 

 

岐阜県町村会臨時総会

2015年06月02日

 平成27年5月26日(火)

 岐阜県町村会は、平成27年5月26日(火)、ふれあい福寿会館において、臨時総会を開催し、役員の改選を行いました。

 新役員は以下のとおり。任期は、平成27年6月1日から平成29年5月31日まで。

  会 長  中 川 満 也(不破郡垂井町長)

  副会長  岡 﨑 和 夫(揖斐郡池田町長)

  副会長  井 戸 敬 二(加茂郡川辺町長)

  理 事  木 野 隆 之(安八郡輪之内町長)

  理 事  佐 藤 光 宏(加茂郡川辺町長)

  監 事  室 戸 英 夫(本巣郡北方町長)

  監 事  成 原   茂(大野郡白川村長)

役員名簿

 岐阜県町村会臨時総会

政務情報