岐阜県内21町村の元気をお届します。 岐阜県町村会

文字サイズ
標準に戻す
大きく

政務情報

地方創生時代のあるべき町村職員像についての検討員会の実態調査

2015年04月22日

平成27年4月16日(木)~17日(金)

 平成27年4月16日(木)~17日(金)、全国町村会が設置している「地方創生時代のあるべき町村職員像についての検討会」の委員が笠松町役場及び東白川村役場を訪れ、広江笠松町長、今井東白川村長と面談し、地方創生時代の町村行政を担っていく職員にはどのような資質、能力が必要とされるのか、そうした職員の確保、処遇はどうするのかという問題について、意見聴取・意見交換が行われました。

 広江笠松町長から「笠松町は都市近郊の住宅都市として、今後の人口減少に対して、行政需要を見極めながら体制の整備をしていかなければならない。平成の大合併時に合併協議が破綻になって以降、住民が自分達でできることは自分達でやっていこうとする意識が芽生え始めた。職員は住民協働が円滑に進められるように、人間形成に重きを置いた研修に積極的に参加している。」、一方、今井東白川村長からは「職員の減少により、特に土木建設関係の技術の伝承が難しい状況である。今後、定年退職者等に嘱託として残ってもらい、役場機能を維持できる仕組みの構築を検討している。小さな村なので、住民との関わりも多く、時間外や土日の出勤がボランティアになっている。地域の活動に参加することが、人事評価の対象となるよう評価制度の改正を行っている。受け身で仕事をするのではなく、今後の村をどうしていくか新しい戦略を立てられる職員の育成を考えていかなくてはならない。」といった意見がありました。

  笠松町視察

東白川村視察

地方財政対策等説明会

2015年02月03日

平成27年1月30日(金)

   岐阜県町村会は、平成27年1月30日(金)、岐阜グランドホテルにおいて、岐阜県町村議会議長会と合同で地方財政対策等説明会を開催しました。

 説明会では、県市町村課長から「平成27年度地方財政対策について」、県秘書課分権・広域企画室長から「国の動向(地方創生及び道州制)について」、県全国育樹祭推進事務局長から「第39回全国育樹祭の開催について」の説明を受けました。

 説明会終了後、古田岐阜県知事、洞口岐阜県議会議長を来賓に迎え、岐阜県町村会・岐阜県町村議会議長会合同懇談会を開催しました。

  地方財政対策等説明会1

地方財政対策等説明会2

岐阜新聞岐阜放送社会事業団平成26年度寄付贈呈式

2014年12月17日

平成26年12月16日(火)

    平成26年12月16日(火)、ふれあい福寿会館において、岐阜新聞岐阜放送社会事業団平成26年度寄付贈呈式が開催されました。

 本会から中川副会長(垂井町長)、岐阜県市長会から小川会長(大垣市長)、岐阜新聞岐阜放送社会事業団から碓井代表理事が出席し、碓井代表理事から両会長に岐阜県内市町村へポータブル発電機を各1台寄贈する旨の目録が手渡されました。

 碓井代表理事から「県民からの寄せられた浄財を還元したい。」とのあいさつがあり、中川副会長から「昨今増加している自然災害により、住民からの行政に対する防災のニーズが高まってきているため、大変ありがたく思っている。災害時に活用させていただきたい。」とのお礼のあいさつがありました。

平成26年度寄付贈呈式

政務情報