岐阜県内21町村の元気をお届します。 岐阜県町村会

文字サイズ
標準に戻す
大きく

政務情報

岐阜新聞岐阜放送社会事業団平成26年度寄付贈呈式

2014年12月17日

平成26年12月16日(火)

    平成26年12月16日(火)、ふれあい福寿会館において、岐阜新聞岐阜放送社会事業団平成26年度寄付贈呈式が開催されました。

 本会から中川副会長(垂井町長)、岐阜県市長会から小川会長(大垣市長)、岐阜新聞岐阜放送社会事業団から碓井代表理事が出席し、碓井代表理事から両会長に岐阜県内市町村へポータブル発電機を各1台寄贈する旨の目録が手渡されました。

 碓井代表理事から「県民からの寄せられた浄財を還元したい。」とのあいさつがあり、中川副会長から「昨今増加している自然災害により、住民からの行政に対する防災のニーズが高まってきているため、大変ありがたく思っている。災害時に活用させていただきたい。」とのお礼のあいさつがありました。

平成26年度寄付贈呈式

知事との意見交換会

2014年12月02日

平成26年11月28日(金)

 岐阜県町村会は、平成26年11月28日(金)、岐阜県庁第1応接室において、古田岐阜県知事と岐阜県町村会役員(広江会長、中川副会長、渡辺副会長、室戸理事、井戸理事)との意見交換会を開催しました。

 意見交換会では、先の岐阜県町村会定期総会において採択した決議及び平成27年度岐阜県予算並びに施策に関する要望書を手交し、要請が行われました。

 古田知事からは「都道府県の仕事をどこがやるかと考えれば、道州制の議論はなかなか深まっていかないのではないか。」「原子力防災については、安全に関わる情報は、リアルタイムで県庁に送られてくる。」との意見がありました。

 決議

 平成27年度県の予算並びに施策に関する要望書

知事との意見交換会

 

国会議員と町村長との意見交換会

2014年11月05日

平成26年10月29日(水)

 岐阜県町村会は、平成26年10月29日(水)、東京:全国町村会館において、棚橋泰文衆議院議員、武藤容治衆議院議員、渡辺猛之参議院議員、大野泰正参議院議員の出席をえて、国会議員と町村長との意見交換会を開催しました。

 意見交換会では、先の定期総会において採択された決議及び平成27年度国の予算並びに施策に関する要望書を手交し、要請が行われました。

 広江会長から「要望事項の実現にむけて、十分に精査しご尽力をお願いしたい。」との発言がありました。

 各町村長からは、「東海環状自動車道西回りルートに対する予算付けを」「有害鳥獣等に対する対策を」「少子化問題に関連し、東京一極集中を是正する対策を」等の要望や意見が出されました。

 国会議員の方々から「林業でお金がとれるよう、林野庁だけでなく地方創生のアピールとして内閣府も率先して山間地域の振興発展につながる方策を考えていく必要がある。」「長いスパンで地域ならではの産業を育て、国として地域の実情に合った補助、規制の緩和等をしていかなければならない。」との意見がありました。

   決議

   平成27年度国の予算並びに施策に関する要望書

国会議員との意見交換会1

▲左から中川副会長、広江会長、武藤容治衆議院議員、渡邊副会長、室戸理事

国会議員との意見交換会2

▲左から渡辺猛之参議院議員、棚橋泰文衆議院議員、大野泰正参議院議員

15 / 20« 先頭...10...1314151617...20...最後 »

政務情報